子育てとの両立

看護師は女性の仕事だとよく言われます。最近でこそ男性の看護師も増えてきましたが、世間的な考えではまだまだ看護師は女性の世界です。女性の職場であるからこそ発生する問題というものもあります。それは出産や育児です。どうしても女性は出産や育児のときに一旦職場を離れなければなりません。そういう場合、大きな病院であれば出産・育児休暇というものがあってその間は休めることもありますが、多くは一旦辞めて、また別のところに再就職という流れになります。その際に、再就職しやすい職場が「良い職場」だと言えるでしょうし、子育てとの両立がしやすい職場が「良い職場」だと言えます。看護師が子育てをしながら働くのは本当に大変なのです。

1. クリニック
クリニックであれば子育ての両立は比較的しやすいかと思います。まず夜勤が無いところが大半です。その分だけでもだいぶ子育てとの両立がしやすくなるかと思われます。さらに、そのように子育てがしやすい環境であれば、自然と子育てをしている人が集まります。同僚の看護師が同じママさんナースであれば、子育てに理解を示してくれます。子どもがまだ幼い未就学児である場合、急に熱を出したりしたら保育所までお迎えにいかなくてはならないこともあるでしょう。その際はどんなに職場が忙しい状況でも帰宅しなくてはなりません。そのように子育てをしながら働いていると起こり得る出来事に対して、同僚のみんなが理解を示してくれます。「困ったときはお互い様よ」と快く送り出してくれます。それは働きながら子育てをしている人にとっては非常にありがたいことです。子育てに理解のない病院だと、途中で病院を抜けるときに非常に気をつかいます。特に忙しいときに抜けなければならないとなると、かなりの負い目を感じます。そういう職場では子育てとの両立は難しいでしょう。

2. 総合病院
総合病院では子育てとの両立は少し難しいと思われます。子どもが中学生や高校生になっていたり、祖父母との同居などであれば不可能ではないでしょう。しかし、夫婦二人に子どもが一人といった場合には難しいかもしれません。ママさんナースにとって良い職場ということで言えば、総合病院はなかなか当てはまりづらいと考えられるでしょう。